東京・大阪・名古屋のオタク専門結婚相談所ミューコネクト株式会社「ブログ」ページ

お問い合わせ

ブログ
- BLOG -

ブログ 2019.03.04

結婚・交際時におけるオタク・カミングアウト問題

正直すぎるオタクたち

 

婚活の戦略や心構えについて書いてきましたが、

今回は初心に還って、オタクが婚活するときの

最初にして最大とも言える悩みについて考えてみましょう。

 

オタクのみなさんは、正直な方が多いです。

嘘をつくのがとても苦手なんですね。

これは人としての美徳です。

しかし、正直でいることが

自分にとって有利に働くとは限らないのが

世の常です。

 

正直なオタクは、自分がオタクであることを

早い段階でお相手に打ち明けようとします。

ものすごく早いと

お見合いの席でカミングアウトする人さえいます。

 

もちろん、それで問題無いケースもあるでしょう。

しかしリスキーな面もあるということを

忘れないでください。

 

 

結婚後でOK

 

私はオタクのみなさんに

「オタクをカミングアウトするのは

結婚後でもいい」

と常々話しています。

 

そう言うと、みなさんとても驚きます。

 

自分のアイデンティティーの大部分を占める

「オタク」という要素を

相手に話さないまま結婚するなんて、

なんだか相手を騙しているような気がするんですね。

 

あなた=オタク

 

これはたしかに事実かもしれませんが、

これだけではないはずです。

 

あなた=動物好き

あなた=電車で必要な人に席を譲る

あなた=計算が得意

 

こんな風にいろんな要素がある中のひとつだと

考えましょう。

 

 

機を見るべし!

 

悲しいことですが、オタクという言葉には

世間一般ではまだまだマイナスイメージがつきまとっています。

 

あなたの魅力を知ってもらう前に

誰かが勝手に作り上げた良くないレッテルを

自分で自分に貼り付けるのは得策ではありません。

 

同じ「オタク」という事実でも、

あなたの人となりを知ってもらってから

カミングアウトされるのと、

何も知らない状態でカミングアウトされるのでは

まったく印象が違います。

 

オタクであることは良くないこと、

悪いことだから、隠すべき。

と言っているのではありません。

物事を伝えるには

適切なタイミングがあるということです。

 

 

シンプルイズベスト

 

また、打ち明け方も重要です。

 

「今まで隠してたけど……

実は僕/私、オタクなんです」

 

ゲンドウポーズでこんな風に重々しく言われたら、

相手も重く受け止めてしまいます。

 

「洋食より和食が好きなんだよね」

「犬か猫なら、犬派だなあ」

 

こんなノリでいいんです。

 

何かの話の流れでサラッと…

というのは、多くのオタクにとっては難しいでしょう。

なぜなら、話題が自然とオタク寄りになることは

あまりないからです。

それなら、自分から話題を振ってしまいましょう。

 

「こないだ○○っていうアニメを見たら

すごく面白かったよ」

「昨日は休みだったから、一日中家でゲーム三昧しちゃった」

 

こんな風に、

「今日は天気がいいね」とでも言うような気軽さで

話題にしてしまいましょう。

 

 

属性<人間性

 

オタクであることを恥じる必要はまったくありません。

しかしながら、誰にでも正しく理解してもらえる、

快く受け入れてもらえるような時代は

まだ到来していないようです。

(もはや平成も終わろうとしているのに、残念なことです)

 

そういった世間とのギャップを理解し、

オタクという属性よりも

あなたとい人間を知ってもらう努力を

優先しましょう。