東京・大阪・名古屋のオタク専門結婚相談所ミューコネクト株式会社「ブログ」ページ

お問い合わせ

ブログ
- BLOG -

ブログ 2019.02.26

あなたのスペック、有利?不利?

年齢、年収、学歴etc……

 

婚活を始めるにあたり、

自分が相手に求める条件を整理するのと同時に

自分自身のステータスを見つめ直すことになります。

 

婚活に有利な条件を兼ね備えている場合もあれば、

不利な条件を持っている人もいるでしょう。

 

面談でも

「私、●●なんですけど……

これって不利ですよね?」

と訊かれることはよくあります。

 

案外本人の思い込みで、

プロの私からみればたいして

不利じゃないケースもありますし、

あきらかに

「そうですね、これは不利です」

としか言えないケースもあります。

 

「不利=不可能」ではない!

 

しかし、これは不利です!なんて

どんな仲人でも言えること。

大切なのは、それをどう覆すか?という戦略です。

この戦略がなく、ただ

「あなたは不利ですよ」

とだけ言って突き放す仲人は、力量のない仲人です。

 

スポーツで考えてみてください。

有利な条件を持っている選手が、

必ず優勝しますか?

不利な条件を持っている選手が、

必ず負けますか?

 

「不利=不可能」ではない

ということを理解してください。

 

自分のプロフィールに不利な部分があると思うのなら

あとはどう行動するか?ということが重要です。

 

年収は努力で上げることができます。

 

体重は自己管理で落とすことができます。

 

年齢はどうにもできませんが、

そんなことを気にさせない素敵な笑顔を身につけることはできます。

 

これら全てに共通することは、

「人の意見に耳を傾け、積極的に行動する」

ということです。

 

成婚する人の傾向とは?

 

実際、どういう人が成婚していくのかというと

年収順でも年齢順でもないのです。

いいえ、そもそも

そんなスペックは何ひとつあてにならないんです。

 

仲人や周囲の人間のアドバイスに真摯に耳を傾け、

かつ行動に移す人。

こういう人は入会したと思ったら

あっという間に成婚して退会していきます。

 

婚活を始める年齢は人によりけりですが

多くの方が三十歳を過ぎてから相談所の門を叩きます。

そうなると人生経験があるがゆえに、

人の意見を受け入れることが難しい方が少なくない。

それまで自分の経験で生きてきた実績があるので

自分のやり方や判断に間違いは無いと

どこかで盲信しているんですね。

 

厳しいようですが、

そのままのあなたでは結婚できなかったから

結婚相談所に登録しているんです。

まずはその事実を受け入れましょう。

 

 

「自分は大丈夫」と思ったそこのあなた!

 

ここまで読んで、

なーんだ、じゃあ自分は大丈夫!

ちゃんと言うこと聞いてるし!

と思った方、

私に言わせればそんな方ほど要注意です。

 

人の意見に耳を傾けることができる人ほど

こういう文章を読んで

「自分はちゃんと人の意見を聞けているだろうか?」

と内省します。

 

自分のプロフィールを理由に諦めないでください。

本気で結婚したいなら、

なりふり構っている場合ではありません。

恥ずかしくても苦しくても、

人の言うことをきちんと聞いて

どんどん行動しましょう!

そうしているうちに

「有利」とか「不利」なんて考えは

どこかへ消えていきます。

そうなってからが、

本当のスタートです。