東京・大阪・名古屋のオタク専門結婚相談所ミューコネクト株式会社「ブログ」ページ

お問い合わせ

ブログ
- BLOG -

ブログ 2019.02.05

恋愛ではお腹が膨れない!

恋を知らなくても婚活できます!

よく言われていることですが

「恋愛」と「結婚」は別物ということについてお話します。

婚活は恋愛ではありませんから

恋愛経験が浅いといって不安になることはありません。

 

ミューコネクトには、

恋愛経験のないオタクの方がよく入会されます。

それでも成婚に至った方は

大勢いらっしゃいます。

ビビビと来ました!?

婚活は恋愛ではないとは言え、

お見合いで一目惚れして

恋愛に発展するケースも時々あります。

これは決して悪いことではありません。

いくら条件が一致したとしても

お互いに気持ちがなければ

関係を長続きさせるのは難しいことですからね。

 

実際に、成婚退会の面談の時には

長年付き合ってきたカップルか!?

というほどラブラブになっているふたりを

何度か見送ってきました。

ラブラブオーラ全開の会員さんは幸せそうで

既婚者の私にも、そんな頃があった…

なんて

遠い目になってしまいます。

 

 

目がハートになった人は要注意

しかし、恋愛に不慣れなオタクが

急激に恋愛モードに入ってしまうと

ちょっと注意が必要です。

 

オタクは感情の振り幅が極端な人が多いので

「結婚するならこの人しかいない!」と

思い詰めてしまいます。

 

そして、他の人からお見合いの申し込みがあっても

どんな人か確認もせずに断ってしまったりします。

 

まさに、目がハートになっているような状態です。

こうなると、客観的な判断力は

ほぼゼロになっていると言っていいでしょう。

 

人生のどん底…ではありません!

恋愛モードでもう一つ気をつけたいのが

お相手とうまくいかなかった場合です。

 

目がハートの時は「この人しかいない!」と

本気で信じていますから

 

相手に断られてしまった時のショックが

通常モードの時の比ではありません。

 

「自分なんて誰にも必要とされないんだ……

あの人と結婚できなかったなら、死ぬまで独身でもいい……」

と、悲劇の主人公のように激しく落ち込んでしまいます。

 

恋愛経験の浅いオタクは

失恋から立ち直る方法もわかっていないので

婚活へのモチベーションが一気に下がり

このまま婚活自体やめてしまうなんてことも起こりえます。

 

好きな人に選ばれないのは

たしかにとても辛いことです。

でも、必ず立ち直って

他の人に目を向けられる時が来ます。

落ち込んでいる時は信じられないかもしれませんが

人間ってそういう風にできているんです。

 

恋でお腹は膨れません。

好きになることは悪いことではありません。

あくまでも目標は「結婚」です。

お相手は本当に「結婚」にふさわしい相手か?

という視点を失わないでください。

 

反対に、

結婚するにはぴったりな相手だと思えるけど

恋愛感情が持てないからといって

諦めることもありません。

長く一緒にいるうちに

恋とは違った形の「情」が芽生えてくるものです。

 

結婚するということは

人生を支え合う家族になるということです。

感情に振り回されずに

冷静な判断力を失わないようにしましょう。